MU

MU

MU(ム)
EAU DE PARFUM(オードパルファム)


広がる無限の「無」
時空を超えて旅する気ままな旅人をイメージしたフレグランス。

「無」それは永遠を表現するシグナルのよう。

1985年に制作されたヴィム・ベンダース監督のドキュメンタリー映画「東京画」は、小津安二郎監督の作品「東京物語」の舞台となった1953年の東京の日常風景がオープニングとエンディングにフィーチャリングされている。
映し出される時代の異なる東京。「無」との対話。「無」の存在。

ベルガモットから始まり、ラストノートはトスカーナのやわらかいオリーブの木。
纏う人によって無限に変化していく、透き通るような香り。

フレグランス・オブ・ザ・イヤーを受賞。

TOP : ベルガモット、バイオレットリーヴス、ナツメグ

MIDDLE : シナモン、ペッパー、ブラックティー

LAST : タバコリーヴス、ミルラ、オリーブツリー

100ml24,840円(税込)

30ml12,960円(税込)