PRESS

Safari1月号TOP
Safari1月号のフレグランス連載ページ「同じブランドでも香りは大違い」にてMIRKO BUFFINI FIRENZEを1Pで紹介していただきました。 2015年に日本フレグランス大賞メンズラグジュアリー部門で大賞を受賞した、「MU/無」と夏に新発売したオードパルファム 「LA CHUTE D'EAU/ラ シュット ドー」を定番と新作として掲載していただいています。 「MU/無」がオードパルファムで濃く、「LA CHUTE D'EAU/ラ シュット ドー」はオーデコロンなので、軽めでたっぷりつけられるタイプです。 香りを経験してきた大人の男性にお勧めの香水なので、是非チェックしてみてください。      

Safari1月号MBF

P,309

MU/100ml ¥23,000

LA CHUTE D’EAU 100ml ¥17,500

 

 

BLUES

03-6438-9913

commons&sense man ISSUE21TOP
commons&sense man ISSUE21にてMIRKO BUFFINI FIRENZEのLA CHUTE D'EAUを実物大ほどの大きさで掲載していただきました。 躍動感ある紙面でラシュットドーの雰囲気がダイレクトに伝わってきて素敵です。 「ファッションが定番に回帰すると、ビューティーを極めたくなるのはメンズの世界も同じ。 ちょっとハズしが肝となるけれど― 忘れずに仕込んでおきたい目に見えない部分」 -本誌抜粋― MISFITSがテーマの今回、反発から生まれたパンクはプリミティブなロックの良さを思い出させ、 そのアイデンティティーを再構築させたように、 芸術にとって反抗心がない危機の時期に反発した作品を発表し現代美術に決定的な影響を残したマルセル・デュシャン。 彼の作品からインスパイアされたラ シュット ドー。 ガツンと個性を突き抜けさせるラ シュット ドー。 自由で型破りなマインドでイメージのチューニングを。  

commons&sense man issue21MBF

MIRKO BUFFINI FIRENZE/LA CHUTE D’EAU ¥17,500

BLUES 03-6438-9913

ar10月号TOP
ar10月号「寸止deロックユー顔」にてMIRKO BUFFINI FIRENZEのオーデコロンを掲載していただきました。 この夏新発売したMIRKO初のオーデコロン”ラ シュットゥ ドー”は、『平静』を花言葉に持つ白檀、アンバーやムスクをベースノートに、 トップにはフローラル系の優雅な印象を与えるネロリを、ハートノートにハイビスカス科の植物の種であるアンブレッテ シードへとノートは豊かに変化します。 夏にはたっぷりと、秋冬にはさりげなく、爽やか香りを身に纏ってみてください。

ar10月号MBF

P,56

MIRKO BUFFFINI FIRENZE/ラ シュットゥ ドー ¥17,500

BLUES

03-6438-9913

Fine8月号のビューティーページにてMIRKO BUFFINI FIRENZEのGODSを掲載していただきました。

謎めいたギリシア神話の神々からインスパイアされた香りGODS

とりわけ、癒しを司る女神パナケイアは現在でも英語で「万能薬」の意味で使われています。

ほのかなインセンスの香りに身を任せて蝉が鳴く夏のひと時を畳の上で瞑想するもよし。
青い海へサーフィンに出かける朝、スパイスでテンションを上げるひとふりをするもよし。

マウンテンブリーズもシーブリーズもこの夏GODSと一緒に感じてみては。

本国でノートの追加がございました。
香りは一緒です。

Top : ベルガモット・ナツメグ・ブラックペッパー
Middle : オリス・スウェード・ベチバー
Last :シダーウッド・インセンス・ムスク

Fine8月号MBF

P,189

MIRKO BUFFINI FIRENZE/GODS 30ml ¥12,000

TOPMEN'S EX8月号
MEN'S EX8月号の百貨店特集「”メンズの館"大研究」にてMIRKO BIFFINI FIRENZEを掲載していただきました。 美容系を強化されている阪急メンズの香水売り場で売れている香りの中で、シックな印象、ビジネス向き、モダンな印象、休日向き、 という4つのカテゴリーにわけ、モダンな印象、休日向きとしてNo.31を紹介していただいています。 No.31(トレントゥーノ)はMIRKO BUFFINI FIRENZEが最初に手がけた香水で、香水好きな通に受けている香りです。 是非、誌面もチェックしてみてください。

MEN'S EX8月号

P,107

No.31 30ml ¥12,000

BLUES

03-6438-9913

Rechesse NO.16TOP
Richesse NO.16のフレグランス特集「フレグランスという力」にてMIRKO BUFFINI FIRENZEのMOAを掲載していただきました。
すれ違った時に、ただ"いい香り"だけではなく、"何を付けているのだろう?"とハッとさせるようなMOA'は
ナツメグのスパイシーなノートの奥にスギのあたたかい清涼感があり、夏にもおすすめの1本。
実在したダンサーのMOA'.
画家エゴンシーレによって何度も描かれたその美しい佇まいを、夏スタイルのスパイスに纏ってみてはいかがでしょうか?

Rechesse NO.16MBF

P,225

MOA 30ml/¥12,000

120ml/¥23,000

BLUES

03-6438-9913

Safari3月号TOP
Safari3月号「デニム姿の味付けはとっておきの香りで!」にてグレーデニムに合わせて、MIRKO BUFFINI FIRENZEの”MU"を掲載していただきました。 昨年、日本フレグランス大賞メンズラグジュアリー部門の大賞を受賞した”MU"ですが、大人の男性につけていただきたい、とても上品な香りです。 全部で12種類の香りがありますので、是非店頭でお試しください。  
”MU”
TOP NOTES ベルガモット・すみれの葉・ナツメグ HEART NOTES シナモン・ペッパー・ブラックティー DRYDOWN NOTES タバコの葉・ミルラ・オリーブの木

Safari3月号MBF

P,177

MIRKO BUFFINI FIRENZE ¥23,000

BLUES 03-6438-9913

LOADED Vol.24TOP
LOADED vol.24「女心をくすぐる冬アイテムBEST COLLECTION」にてMIRKO BUFFINI FIRENZEの香水を大きく掲載していただきました。 ボトルデザインが変わり、クラッシックなイメージから少しポップな印象になりましたが香りはそのまま。 原材料のほとんどは自然の物から抽出され、豊潤で薫り高いウィスキーのように75 日間寝かせたエッセンスをブレンドするという贅沢なもの。 香水好きな方にも好まれています。 パートナーと香りをシェアするのもオススメです。    

LOADED vol.24MBF

P,124

MIRKO BUFFINI FIRENZE/ SABA 30ml ¥12,000

MOXI 100ml、MOA 100ml ¥23,000

※それぞれに30ml、100mlがあります。

BLUES

03-6438-9913

BRUTUS12.15号TOP
BRUTUS 12/15号のニュースページ「BBB」にてMIRKO BUFFINI FIRENZEを掲載していただきました。 日本の侘びさびや、精神に影響を受け、日本語の名前の付いた香水がいくつ科ある中でNo.31、KI、MUを紹介していただいています。 No.31は和歌の5.7.5.7.7を足した数字でMIRKO BUFFINI FIRENZEが一番最初に発表した香水です。 ボトルのパッケージも新しくなり、新規取り扱い店舗も増えましたので、プレゼントや自分用にオススメです。 それぞれにストーリーがあるので、是非覚えてプレゼントする方に渡してみてはいかがでしょうか?   "No.31" チョコレート、ブランデー、パチュリ、琥珀。 和歌と三位一体に見る、31 の数字に無限の 可能性を注いでMIRKO BUFFINI が発表した 最初のフレグランスです。神秘のヴェールを まとい、輝く個性を持つすべての人へ。 フレグランス通を魅了する優美で個性的な香り。   "MU" 広がる無限の「無」。ベルガモットから始まり、 ラストノートはトスカーナのやわらかい オリーブの木。時空を超えて旅をする気ままな 旅人をイメージ。まとう人によって無限に変化 していく、透き通る風のような香り。   "KI" 内に秘めたエネルギー「氣」を表現した フレグランス。 朝の太陽のようなピンクペッパーに始まり、 マグノリア、ムスク、バニラとまるで甘い お菓子のように移り変わっていく。 夜が待ち遠しい香り。    

BRUTUS12.15号MBF

P,117

MIRKO BUFFINI FIRENZE/100ml ¥23,000

BLUES

03-6438-9913

20151130172031-0001
Richesse NO.14のBEAUTYニュースページ”NIPPONがキーワードの香りにて、MIRKO BUFFINI FIRENZEのMOXIを大きく掲載していただきました。 今月よりボトルデザインが変わり、少し印象が変わりました。 香りはそのままです! MOXIは女性向けの香りなので是非プレゼントや自分へのご褒美にいかがですか?   TOP: 日本酒・ベルガモット MIDDLE: バラの花びら・蓮の花 LAST: 琥珀・白檀・ムスク 蓮の花のように控えめで、バラの花びらの ように愛しい。ほのかな日本酒の香り を漂わせて嗅覚を刺激する官能的な コンポジションはMIRKO BUFFINI が 提案する、個性的で魅力的な女性たちの ためのフレグランス。アジアの女性に 一番人気の、控えめなのに、大きな壺に 飾られた豪華な花を想像させる可憐な香り。      

20151130172101-0001

P,49

MOXI 100ml ¥23,000

BLUES

03-6438-9913